大人でイエベの私が初めて赤いリップに挑戦

最近80年代がブームと言われてますね。

今年36歳になったKOTSU KOTSUは、80年代と言えばまだ子供。

でも、子供の頃の記憶は鮮明で、赤い口紅をつけた女性というのは

とても印象に残っています。

深津絵里の新幹線のコマーシャルなんて特に。

黒髪と赤い口紅が素敵でしたね。

 

しかし赤い口紅って、イエローベースの私にはちょっと難しい色だと思ってまして。

実際、最近テレビで見る「素敵!」と思う方は、たいていブルーベースの色白さんなんですよね。

 

でもでも、ちょっと気分を変えてみたい私。

ふらっと近所のドラッグストアに寄って、

マキアージュの新作を試させてもらいました。

(めちゃくちゃ明るい販売員の方に、引き寄せられたというか。)

日光の下ではこんな感じ。

照明の下でもパチリ。

(おしゃべりしながら撮ったので大きく笑っています)


なかなか自然な赤いリップではないでしょうか?

それもそのはず、いつも使っているベージュのリップを塗ってから

その上にマキアージュのリップを塗り重ねてみました。

 

実は事前に検索して、大人の赤いリップの使い方を研究してみたんですよね。

ポイントは

「マットじゃなくて艶のあるタイプ」

「いつものリップに重ねる」

「紅筆を使わず輪郭をラフに仕上げる」こと。

 

赤い口紅が似合わないと思っていた私ですが、年齢が上がったせいもあるんでしょうか

意外にしっくり。

しかも何かいつもより色白に見えて、ちょっと嬉しい。

 

購入したマキアージュの口紅はこちらです。

カラーはRD526、メルティレッド。

それより明るいRD425、CM使用色のイノセントグラマーは、私にはやっぱり難しかったので。

 

ベースに塗った口紅はルナソルのフルグラマーリップス。

こちらのベージュのリップはルナソルでも定番カラー、

ブルーベースで色白肌の方にも、

私のようなイエローベースで濃いめの肌色の方にも合うんだとか。

 

カラーは#21 Milky Peachです。

楽天などで探すと、定価よりお得に買うことができますよ♪

(ただし送料にはお気をつけて!)

 

カウンターでじっくり似合う口紅を選ぶのも楽しいですけどね。

忙しい方はご参考まで

 

 

 

ファッション記事は2015年から別ブログ「Webデザイナーのワードローブ」で綴っています