天然黒髪・イエベ・ショートのコーデの難しさ

第二子妊娠が分かるまでは、ショートのパーマヘアをダークブラウンに染めていました。

それが第二子妊娠直後から、カラー剤の匂いが全くダメになって・・・

ホルモンバランスの崩れからか肌荒れもひどくなり・・・

いつしか全く染めることが無くなりました。

 

「いつか白髪染めにお世話になるまで、このままでいーか」と。

 

カラー剤を使わなくなって良かったのは髪が健康的になったこと。

美容院での時間が短縮できるようになったこと。(カラー&パーマはやはり長い)

それと、たまにカラーを失敗して明るくなり過ぎた時などの不自然さが無くなったこと。

 

悪かったのは、服の合わせ方が難しくなったこと。

 

元々肌がイエローベースで濃いめ(暗め)なので

黒が似合わず、黒ではなくネイビーのトップスを多くしていたのですが、

髪が真っ黒だと、ネイビーでも重い!

そして肌がくすんで見えちゃう。

これがブラウンヘアーだと、そんなことないから不思議なものですよね。

 

なので一工夫。

黒髪の面積を少なくするために、ニット帽を着用。

ニット帽はこの秋冬のイネスコラボのカシミヤキャップ。

(←これがとっても使いやすい)

プラス、コットンパールのイヤリングで明るさと女性らしさをプラス。

 

こうすると、顔周りがネイビーでも、そんなに暗くならないです。

帽子を使わない場合は

シャツの襟を挟んでごまかしています。

 

こんな小技、どこで覚えたと聞かれたら、それは私が好きなファッションディレクター、大草直子さんの本や記事から。

大草直子さんのことを記事にすると長くなりそうなので、今日はここまでにしておきますが、

たしか昨日のNHKの番組に出られたそうですよ。

(私は残念ながら見過ごしちゃって悔しい思いをしましたが・・・)

何を着ても似合わない、楽しくない、

ワードローブを見てはストレスがたまる日々から抜け出せたのは、

彼女の理論を実践したおかげだと思ってます。

 

あぁ、やっぱり長くなりそうなので、また今度!

 

↓2015年からは別にファッションブログを立ち上げました。もっとKOTSU KOTSUのファッション情報が知りたい!という方はこちらからどうぞ。