私がずっと好きな人

ここで好きな人というのは、私が尊敬している女性です。

 

何をいきなりっ!っと思われるかもしれませんが、

ちょっとつぶやきたくなりまして・・・照

 

私がその人に会ったのは、今から10年以上前でした。

待ち合わせに指定されていたホテルのロビーに颯爽と現れたその人は

夜なのにサングラス!

オール真っ黒なコーデ、はっきりとした色のリップ!

超・つやつやのボブヘアー!

そして、自信とエネルギー溢れた笑顔。

なんて綺麗で、大人な人なんだろう、と圧倒されました。

 

仕事にも、生き方にも不安で仕方無かった、若い頃の私には眩し過ぎる人でした。

 

でも、ちらりと思っていたんです。

 

「私も、こんな楽しそうで、自信あふれる大人の女性になりたいなー」って。

 

あれから10年以上、その気持ちをそっと潜ませながら進んで来ました。

今でもその女性は憧れで、ピカピカしています。

仕事に家庭に、いえ、そんなカテゴライズなんて関係なく。

 

あの人のようになれる訳でもありませんが、

灯台のように、目指したい方向で光っていて下さる方がいるのは

幸せなことだと、年々その思いが強くなってしまうのは

私も年を重ねたせいでしょうか。

 

あー、I子さん、会いたいです!